×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

● 飲み水の用意 ●

小鳥用のプラスチック製水入れを使います。

本来、鳥かごに付けるものですが、改造すればラビットケージの格子にも固定できます。

写真のものは、ハンダごてで穴を開けたペットボトルのフタをくっつけて、

ラビットケージの格子に付けられるようにしたものです。

うずらが足を入れたり、敷き藁や糞が水に入らないように、

飲み口が床から2〜5cmほどの高さになるように設置します。

 

掃除がしやすい床置タイプの水入れもあります。

うずらにとって丁度いい位置、サイズですので、

迷ったらとりあえずこれがオススメです。

 

数日外泊する場合は、大型の陶器の水入れを使います。

糞や敷き藁が入らないように、レンガなどの台の上に置いて、飲み口を少し高くしておくと良いです。

 

 

トップページに戻る