×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

● 冬越しについて ●

 

うずらは冬に九州などの西日本に渡る渡り鳥で、

基本的に寒冷地で冬越しする鳥ではありません。

特に東北、北海道などの豪雪、寒冷地では、寒さで体調を崩しやすく、温かい場所に置いて間違いないと思います。

 

 

家を留守にする場合は、昼間はペットヒーター、

あるいは火の元に注意して電気ヒーターをつけて置きます。

一緒に過ごす時は、暖房のある部屋に置いてあげるほうが良いでしょう。

 

夜間は、毛布で包んであげると電気代をかけず暖かくする事が出来ます。

毛布はすぐにフンで汚れてしまうので、うずら専用のものを用意したほうが良いでしょう。

うずらも毛布に包まって寝る事には慣れが必要で、最初はすぐに出てきてしまうと思いますが、

根気よく続ければうずらも毛布に慣れてきます。

うずらにあまり毛布の重さが掛からないように、大きめの毛布でふんわりと包んであげます。

 

しかし基本的には寒冷地の冬越しは、電気代を惜しまず、

ヒーターを点けっぱなしにしておくのが望ましいです。

 

 

トップページに戻る