×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

● 餌の注意点 ●

 

ホームセンターなどでも売っている安価な、『ひよこ、うずらの餌』、『ニワトリの餌』などは与えないで下さい。

うずら用とされている安価な餌は家畜用と考えるべきで、せいぜい3年ほどでうずらを飼い殺すものと思ってください。

この餌を与えると、うずらはしばらくは元気で、良い卵を産み、問題が無いように見えます。

しかし数ヶ月経つと、いくら食べさせてもお腹だけ異様に痩せるお腹の毛が抜ける等の異常が現れる場合があります。

この状態が続くと、元気なようでも間もなくうずらは死にます。

原因は、配合されている大豆油カスや、フィッシュミール(魚粉)が酸化し毒素化した為と噂されます。

安価で手軽なこの餌は与えず、

  

ラウブディッシュ社のペレット(フレーク)を主食にして下さい。

症状が現れてから与えても十分に間に合う場合が多いです。

この餌を与えるだけで、お腹はふっくらとし、ハゲていた部分にもすぐ毛が生えてくるはずです。

 

フィッシュミール(魚粉)は、高たんぱくで、ビタミンD3も含まれており、

新鮮であれば、うずらにとって生死を分けるほどの重要な栄養源となります。

 

もう一点ですが、「うずらが積極的に食べる餌が必要な餌で、

食べないものは必要ない餌」 という見識は明確な間違いです。

うずらの食の好みと、必要な栄養素は無関係です。

例えばうずらが好んで食べたがる、パン、ご飯、ラーメン、お菓子などの加工食品は

そのう炎という病気の原因となり危険です。

逆にあまり積極的に食べないボレー粉などは必要です。

 

 

 

トップページに戻る