×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

● 飼育に必要な設備 ●

以下が飼育に必ず必要なものです。

 

 

うさぎ用のケージ 約 5000〜15000円

鳥なら鳥籠と思われるかも知れませんが、 スペースが広いほうが、うずらも快適です。

  

 

ペットヒーター100W 約 4000円 前後

本格的なペットショップにあります。オンラインショップでも手に入ります。 東北地方や北海道などの寒冷地では必須です。

 

 

 

小鳥用、水入れ (うずらが中に入らないような形状のもので、首より下に置けるもの) 約 200〜500円

 

 

大型水入れ (鶏用のもの、うずら一匹で、1週間前後の容量)

外出して数日うずらの面倒が看れない場合に必要です。

 

 

小鳥用、餌入れ (うずらが中に入らないような形状のもので、首より下に置けるもの) 約 300〜1000円

 

 

サイフォン式餌入れ (数日外出してうずらに餌を与えられない時に必要です) 約 300〜1000円

 

 

 

ラウディブッシュ・フレーク・メンテナンスタイプ(主食)1.7kg  約 3500円 前後

卵を産まなくなったメスや、オスに適した主食餌です。

  ラウディブッシュは高価ですが、必須栄養素を含んでおり、 うずらを長生きさせたいならオススメの餌です。   ペレットタイプより細かいので、そのままでもうずらが食べやすい形状です。 そのまま与える場合は、ペレットよりこちらが楽と思います。   本格的なペットショップにあります。オンラインショップでも手に入ります。

 

 

 

ラウディブッシュ・ペレット・ブリーダータイプ・ミニ(主食)1.7kg  約 3500円 前後

生後1年以内の若いうずらや、卵を産むメスに適した主食餌です。

フレークタイプが無い場合はこちらでも大丈夫です。 ただしそのままではうずらには大きいので、ミキサーで砕く必要があります。 本格的なペットショップにあります。オンラインショップでも手に入ります。   インコ、オウム用の繁殖期用の餌で、うずら用ではないです。 高タンパクで低カロリーなのが特徴。

 

 

ミキサー (ペレットやボレーを砕くのに使います) 約 1500〜3000円

 

 

 

小型電気ストーブ (病気の看護時に必要です) 約 2000〜5000円

うずらの体調が落ちた時に役に立つので、いざという時の為に必ず用意しておいて下さい。

 

 

ラウディブッシュ・フォーミュラー3 500g (強制給餌) 約 2000円 前後

本格的なペットショップにあります。オンラインショップでも手に入ります。 ヒナ鳥用ですが、強制給餌に適している高栄養価のパウダータイプのフードです。 いざという時の為に用意しておいて下さい。

 

 

フードポンプ (強制給餌用器具 シリンジと、熱帯魚用ビニールチューブでも作れます)

専用の医療器具で先端はゾンデと呼ばれるものもあります。

 

 

画像なし

乳鉢 (看護用。餌を細かく磨り潰して、シリンジに詰まりにくくする為に使用します。)

湯飲みなどで代用しても構いません。

 

 

室温用温度計 (看護時に30度前後に室温を保つ必要があるため設置します。)

 

 

古新聞 (ケージに敷きます。インクが気になる場合はキッチンペーパーなどでも可)

 

 

敷き藁1kg (ハムスター用の牧草か、木屑) 約 300〜1000円

 

 

緑黄色野菜 (大根葉、小松菜、等)

 

 

 

◆ 以下は必要に応じて用意して下さい ◆

 

ミルワーム 500匹 (栄養補給、慣らしの小道具) 約 500円 前後

 

画像なし

ミルワームの缶詰 (病気の看護時の栄養補給に) 約 500円 前後

 

 

ラウディブッシュ・ハイエネルギー・ブリーダータイプ・ミニ(餌)1.7kg  約 3500円 前後

(滋養食。通常の餌よりカロリー高めで、体調回復に役立ちます)

 

フライパン (中華なべでも可。牡蠣殻を洗浄する為)

 

鳥かご (日向ぼっこ、移動用)

 

ハムスターケージ (日向ぼっこ、移動用)

 

砂浴び用の砂 (ハムスター用、水で固まらない焼き砂)

 

料理用の裏ごし器 (ミルワームの糞をふるい落とし、ミルワームだけを取り出すのに使えます)

 

スイッチ付きコンセント (ペットヒーターのON/OFFに便利)

 

 

 

トップページに戻る