×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

● お風呂に入れる ●

 

うずらは水浴びをする習性はなく、

通常、うずらをお風呂に入れる必要は全くありません。

ただ、毛並みがあまりに悪く、汚れている場合などは、お風呂に入れる事である程度綺麗になります。 ただ、大抵とても嫌がり、暴れます。

 

うずらは泳ぐ事ができないので、湯船に浮かせると、すぐ沈んで溺れます。

お風呂と言っても、湯船に入れる必要はなく、シャワーを使うと良いでしょう。 ただし一緒にお湯を浴びようなどとは思わないで下さい。 自分(人間)の体を拭いている間にうずらの体が冷えてしまいます。   お風呂場に連れて行く前に、お風呂上りにすぐ暖められるように、 部屋を暖房で真夏の気温にしておきます。 ハンドソープなど刺激の弱い石鹸で首から下を洗ってあげます。 泡が目に入らないように注意して下さい。 石鹸によってはアレルギーを起こす可能性もあるので、 危険だと思う場合は、石鹸は使わないで下さい。   人間が濡れた服を着たままでいると、風邪を引くのと同じで、 濡れた羽根はうずらの体温を急激に奪います。 シャワーが終わったら、すぐにタオルに包んで羽根の水気を軽くとり、 湯冷めさせないようにタオルに包んだまま、すぐ暖めた部屋に連れて行きます。

細心の気遣いで人間用のヒーターに当てます。(低温やけどをさせないように注意) ドライヤーを使う場合は、羽根に暖かいそよ風を入れてやるような感じで、 やけどと風圧に気をつけながら遠めから温風を当てます。(冷風はもちろん×) うずらの体を温めながら羽根を十分に乾かして下さい。 うずらの羽根を濡れたままにしておくと、確実に死んでしまいます。   羽根が乾いた後は、羽根に油のようなものを塗る必要はありません。 うずらの身体に必要なものは、うずら自身が自然に分泌します。

 

 

トップページに戻る